医療法人真生会 向日回生病院

〒617-0001 京都府向日市物集女町中海道92-12

075-934-6881(代)



診療部門

  • 夜間救急について
  • 在宅事業について
  • 日本医療機能評価機構認定病院
  • 季刊誌
  • 地域連携室
  • 看護部WEBサイトへ
  • ケアセンター回生WEBサイトへ

● リハビリテーション科

その人らしい生活の支援を!!

当院リハビリテーション科では、患者さま及び家族さまの『その人らしい生活の支援』を行えるように、スタッフが連携・協力して、患者さまの退院後の生活を常に考えながら、心身機能訓練だけでなく、日常生活動作に応じたリハビリテーションを提供できるよう取り組んでいます。

 

リハビリテーション科スタッフ

当院リハビリテーション科では、専門的なリハビリテーションスタッフとして、理学療法士、作業療法士、言語聴覚士が従事しています。

 

 
リハビリテーション科スタッフ   作業療法室
     
 
理学療法室   言語聴覚室

 

 

 

 

入院患者さまのリハビリテーション

入院患者さまのリハビリテーション

入院後は、以下の流れに沿ってリハビリテーションを実施させていただきます。

 

 

■ リハビリテーション実施計画書の作成

入院決定後、ケアマネジャーや患者さま、家族さまへの面談情報をもとに、患者さまの心身の状態や食事・排泄・入浴といった日常生活動作能力など、入院前の生活を把握した上で、医師や看護師など院内スタッフで検討会議を行い、その患者さまに応じた目標と方針を決定して、医師よりリハビリテーションの指示が出されます。

 

 

■ 理学療法士・作業療法士・言語聴覚士による専門的リハビリテーション開始

患者さまの状態に合わせて、実施内容が異なります。

 

【その人らしい生活に向けた支援を】

患者さまの心身状態や能力に応じた個別のプログラムを立て、リハビリテーションを行います。

 

   
またぐ高さが調整できる浴室を使って入浴動作を練習。   病棟での歩行練習やトイレ動作練習。   実際に階段を使っての階段の昇り降り動作を練習。
         
   
服を着替える動作も練習。   状態に合わせた食べる練習。   趣味・趣向に合わせた手工芸を通じて、細かい作業の練習。
         

 

■ チームカンファレンスによる今後の治療方針を相談

定期的に、医師、看護師や管理栄養士や薬剤師などの病棟スタッフ、リハビリテーションスタッフ、相談員、ケアマネジャーなど、患者さまに関わるスタッフが集まり、心身機能や病院内での生活状態などの確認、また、患者さまや家族さまからの面談情報の共有を行い、今後の方針の相談を行います。

 

 

■ 退院約1週間前~1か月前 退所前訪問(在宅復帰される方)

退院が決定すると、患者さまと一緒に病院スタッフなどがご自宅を訪問します。

家の出入りやトイレ動作など実際の生活動作を行っていただき、必要に応じて住宅改修やベッド・車椅子などの福祉用具のアドバイスや、家族さまに介護方法の指導などを行います。

 

 

 

■ 約3ヶ月ごと リハビリテーション実施計画書の更新

心身の状態や生活能力の改善などに伴って、目標や方針を見直します。

 

 

 

 

外来患者さまのリハビリテーション

■ 外来診察後、医師よりリハビリテーションの指示が出されてリハビリテーション開始

外来診察後、医師によりリハビリテーションが必要であると診断された方は、リハビリテーションの指示が出ます。

心身機能や日常生活動作能力など、現在の生活を患者さまからの面談情報や診察により把握した上で、医師や看護師など院内スタッフで検討会議を行い、その方に応じた目標と方針を決定します。

 

 

■ 理学療法士・作業療法士・言語聴覚士等による専門的リハビリテーション

患者さまの状態に合わせて、実施内容が異なります。

 

【その人らしい生活に向けた支援を】

患者さまの心身状態や能力に応じた個別のプログラムを立て、リハビリテーションを行います。

 

   
現在の心身機能に合わせて、基本的な運動能力の改善を目指します。   状態に合わせて、言語機能の改善を図ります。   細かい作業を行い、手や指の機能改善を図ります。
         

物理療法(患部を温める治療や機械を使用した治療)が開始

   
水圧でマッサージ。リラックスした状態で身体をほぐします。   患部を温めて痛みを治療していきます。   首・腰を引っ張り(牽引して)痛み・痺れを治療していきます。
         

 

■ 夜間診察もあるので、仕事の後でも通院できます。

 

当院では、月曜・水曜・金曜日は夜間診療も行っています。

その為、「仕事があるからリハビリを受けれない」「昼間はどうしても外せない用事があるからリハビリに行けない」という方でも、リハビリテーションを受けることができます。

 

*注意:夜間診察(理学療法を受けられる方)は予約制となっています。
詳細は『外来診察』ページをご参照ください。

 

 

 

 

 

職員教育 ~研修会~

専門的な知識・技術を必要とする私たちは、医療関連の研修会の他にも、専門的なリハビリテーションの研修会に参加して、患者さまに最適な治療を行えるように日々努力しています。
当院では、研修会を積極的に行い、知識や技術を学ぶことのできる職場環境を整えています。
 

院内研修(月に4回実施)

新人研修会・症例検討会・勉強会(基礎編、応用編、伝達講習)を実施しています。

 

 
自分が学んできた知識や技術を他のスタッフに教えています(伝達講習)。   自分の経験を教えることや治療において悩んでいることを話し合うことで技術・知識を高め合います(症例検討会)。
     
 
一人が患者さま役となり実技を行っています。   外部の専門的な講師をお招きして、講義をしていただきます。

 

 

 

院外研修

院外の研修会にも積極的に参加。

例:高次脳機能、認知神経リハビリテーション療法、環境適応  など

 

スタッフの交友関係や病院間の繋がりで、他の病院や都道府県が主催している研修会にも参加しています。

 



Copyright © 2013 Mukoukaisei Hospital All rights reserved.