医療法人真生会 向日回生病院

〒617-0001 京都府向日市物集女町中海道92-12

075-934-6881(代)



診療部門

  • 夜間救急について
  • 在宅事業について
  • 日本医療機能評価機構認定病院
  • 季刊誌
  • 地域連携室
  • 看護部WEBサイトへ
  • ケアセンター回生WEBサイトへ

● 訪問リハビリテーション

 

― 住まい環境、ご利用者さま・ご家族の生活に沿ったリハビリを!! ―

私たちが目指す訪問リハビリは“住み慣れた地域での主体性のあるその人らしい生活の再建”です。単なる機能訓練ではなく、毎日懸命に介護されているご家族との信頼関係の上、ご利用者さまの生活の質を少しでも上げていくことを目標にします。

 

            訪問リハビリステーションスタッフ

          「私たちが訪問します!」

 

●利用開始までの流れ

●訪問範囲=病院から半径約3.5km以内=

向日市全域、京都市南区(桂川以西の久世地区)、京都市西京区(新林本通り~丹波街道の以東、国道9号線以南、阪急嵐山線・京都線以南)

 

 

●サービスの内容

 理学療法士、作業療法士による訪問リハビリでは、様々な疾患により身体的問題を抱える方に対して、生活に必要な動作能力の維持・改善、廃用症候群の予防、介助方法の指導、装具・福祉用具・住宅改修に関する助言などを実施していきます。またご自宅の生活動作のみならず、屋外歩行練習や実際にスーパーでの買い物練習等も行っています。

 

住宅改修にて設置した手すりを使って「さぁ、出発!」

安全に外出ができることを目標に屋外歩行の練習中

ご利用者さまに合った自助具を作成してご飯が楽に食べられるよう練習中

 

片手で装具が装着できるよう練習中

 

 言語聴覚士による訪問リハビリでは、失語症や構音障害といった様々な言語的問題を抱える方に対して、機能訓練や代替手段の獲得を図ることで症状の軽減、コミュニケーションの活発化、社会生活の拡大も視野に入れて援助を行っています。

 

●しっかりとした連携

〈病院との連携〉

 

  当院退院後の訪問リハビリの場合、退院前カンファレンスに参加し、連携を図っています。また、他院退院後の場合でも、積極的にカンファレンスに参加し、入院時の状態把握に努めています。

 

 

〈多職種との連携〉

 サービス担当者会議などを通して、関係する様々な職種の方とも積極的に情報の共有など行い、連携を図っています。

   

 



Copyright © 2013 Mukoukaisei Hospital All rights reserved.