医療法人真生会 向日回生病院

〒617-0001 京都府向日市物集女町中海道92-12

075-934-6881(代)



診療部門

  • 夜間救急について
  • 在宅事業について
  • 日本医療機能評価機構認定病院
  • 季刊誌
  • 地域連携室
  • 看護部WEBサイトへ
  • ケアセンター回生WEBサイトへ

● 薬務科

高齢化社会と向き合い、支えることのできる「優しく頼りになる薬剤師」をめざしています。患者さまの声に耳を傾け、患者さまと同じ目線でいろいろな相談事や要望に可能な限り答えられるように頑張っています。

 

 

■薬剤師のお仕事

調剤業務

医師より処方された薬が適量かどうか、薬どうしの飲み合せが大丈夫などを確認して、調剤しています。また、たくさんの薬を飲んで頂く患者さまには、1回分1包に分包し、飲み間違いを防ぐ工夫などをしています。

 

 

製剤業務

治療で使う薬の中には、市販されていない薬もたくさんあります。医師や病棟からの要望に応えるために、安全性、有効性、製造方法などを十分に検討したのちに、病院内で承認された薬の調製を行っております。

 

 

薬剤管理指導業務

薬を使うためには、いろいろなことを知っていただく必要があります。薬の効果、副作用だけでなく、正しい服用のしかたや吸入薬・注射薬の操作方法など注意して頂くことについて、患者さま一人ひとりにお話し、安心して薬を使って頂けるように努めています。また、副作用は起こっていないか、うまく飲めているかを確認したり、患者さまからの相談や要望にお答えし、必要に応じて医師に提案をします。

 

 

医薬品情報管理業務

薬の情報は、日々更新されています。新しい効能や副作用などの情報を素早く収集し、医師や看護師、患者さまに伝え、安全な薬物療法を支えています。

 

 

薬物血中濃度モニタリング

薬によっては、体の中の薬の濃度を適切に保たなければならないものがあります。血液中の濃度が低すぎれば効果がなく、高すぎれば副作用がでてきます。このような薬は、事前に血中濃度のシミュレーションを行い、医師に投薬の提案を行っています。

 

 


研修会による教育と情報提供

製薬企業や医療法人が主催するセミナーに各薬剤師が積極的に参加し、新しく得た情報を交換しています。また、調剤業務が落ち着いた時間帯に、企業の方をお招きし、新薬についてのセミナーを開催しています。

 

 

 

気軽に何でもご相談ください



Copyright © 2013 Mukoukaisei Hospital All rights reserved.